収益性の上がるホームページ制作のご提案

原稿づくりは不要です!

原稿はこちらで考えます

具体的に掲載したい内容のものがある場合は、原稿をご用意していただたい方が有り難いのですが、基本的に原稿はこちらで作成いたします。ホームページでは、閲覧者が見たい情報というのがだいたい決まってきます。まずは、そちらを押さえることが大事。その後で、会社や商品のオリジナリティを追加することを考えた方が、思考がすっきりとします。

ホームページ制作の思考法

ホームページを判断するのは3秒!

ホームページの原稿はあまり作り込まないように心掛けています。ホームページを見る人は、本を読むような感覚で最後まであなたのサイトをじっくり見る訳ではありません。重要なのは

私にとって大事なホームページなのか?

だけ。びっしり会社や商品のPR記事を書いたところで、見ているページが有益と感じなければ、閲覧を止めてしまいます。判断時間は約3秒。3秒で気に留めてもらえるような「何か」を意識した方がいい、と思われます。

あなたにとって重宝な情報は、見る方にとって不要な情報

ホームページの原稿づくりの際、会社設備について丁寧に説明しがちなのですが、ここはあまり力を入れ過ぎないようにしています。見る側にとって規模なんてのはどうでもいい話だからです。

見る側が興味があるのは、あくまで自分にとって有益かどうか

だけ。処理能力が高い設備なのか知りたいのではなく、納期の対応はどうなのか、料金はどうなのか、が重要なのです。私たちホームページ制作会社が間に入り原稿づくりのお手伝いをするのは、中立の立場でこの部分を見ることができるから。自己満足のホームページを作り、せっかくのお客さまを取り逃がしてしまわないようにしてもらいたいためです。

原稿づくりから撮影まで同一のスタッフでこなします。

ホームページ制作では、打ち合わせ、原稿づくり、撮影まで一人のフタッフでこなします。一人でこなした方がコストが安くなる上に、統一感を保てるからです。いずれも外部スタッフを用意することはできますが、それによって成約率が伸びる、など影響力に大きな差が出るとは思えません。

ホームページは、瞬時に判断してもらうもの

と最初から割り切った方がよさそうです。