収益性の上がるホームページ制作のご提案

反応のあるサイトとは

反応のあるサイトとは

ホームページを作る目的は何でしょうか?キレイなサイトや、わかりやすいサイトでしょうか。確かにそれらは大切かもしれませんが、それよりも重要なことがあります。それは「反応のあるサイト」です。キレイなサイトは見てくれた人に感動を与えるかもしれません。また、わかりやすいサイトは、親切な印象を持ってもらえるでしょう。

しかし、それによって反応がなければサイトを作っている意味がありません。では反応があることとはどんなことでしょうか?

まず閲覧件数の多いことが挙げられます。閲覧件数を上げるためには、検索エンジン対策は必須となります。

次に、サイトに来てもらった人がどれだけサイトを見てくれるか?といった回遊率がポイントとなります。魅力的なサイトを作らないと、すぐに離脱してしまいます。

最後に購入への動機づけがきっちりできているかどうか?が重要になります。ホームページで売上アップというとネットショップのような直販サイトを想像される方が多いのですが、それだけではありません。例えば地元でサービス業をされている方の場合、ホームページで直接モノを販売するわけではないのですが、お店決定の際にホームページの影響力は大きいです。背中をドンと押してくれるようなホームページは大切になります。

反応のあるサイトを消費者の立場から見る

反応のあるサイトを消費者の立場から見てみましょう。

閲覧する場合には、「悩み」をキーワードに入れることが多いです。そういった悩みを入力した際、検索エンジンの上位に表示されるかどうか、は重要となります。

検索エンジンから入ってきた場合、悩みが解決できそうだ、という思いがあれば、そのサイト内を見てもらえます。悩みが解決して離脱されるのではないか?はたまた、他の業者に知恵を与える結果になるのではないか?といった心配もあるでしょうが、恐れて何もしなければ、みすみす見込み客を逃してしまいかねません。

ホームページを見てもらう際に、サイトから「スゴッ」と思わせるようなものがあれば、購入への動機づけは出来ています。写真がキレイだったり、専門性が高かったり、価格が安かったり、などなんでもいいのですが、「スゴッ」は重要です。